「ありがとう」の一刻(ひととき)

入居者様が納涼祭の感想を詩にしてくださいました。

 

「ありがとう」の一刻(ひととき)

今日は納涼祭。

三味線のグループの人達が来られた。

いろんな地方の民謡を聞かせて下さった。

渋い声がひびく。

朗々とした声が流れる。

知っている地方の民謡も多かった。

心の中で一緒につぶやいた。

安来節の踊りもあった。

お面をかぶって、

そのお面を見ただけで笑顔になる。

足の動き、手の動き、

みごとなさばきだ。

私達にも触れられた。

私の前にも来られた。

一瞬の間だったけど、一緒に手を動かした。

ひとこと「ありがとう」と小さい声が聞こえた。

私は心にきた。何も言えない。

でも一体になった様な気がした。

 

皆さんありがとう。

私達こそ「ありがとう」のひとときだった。

ありがとう

謹賀新年

表紙

新年明けましておめでとうございます。 平成28年が幕をあけました。新年を皆様とご一緒に迎えられることを心からうれしく思います。今年も職員一丸となって、より良い介護、看護をご提供させていただく所存ですので、本年もよろしくお […]

詳細を見る

ハーモニアス・ウクレレチーム

表紙

「誕生会の伴奏ができるよう、何か楽器を始めたい」という公約を守って施設長が始めたウクレレ。「私もやってみたいわ」という入居者様からもお声を頂き、“ハーモニアス・ウクレレチーム”が発足しました。日々こつこつと練習を重ね、そ […]

詳細を見る

茶道サークル

9dde0ca77fb2c43f22e855ca297afa03-300x225

ゆったりと心和むひとときです。和菓子と抹茶、そしておしゃべりを気軽に楽しんでいただいています。 今月の干菓子は両口屋是清様の「室の氷」 掛け軸は「喫茶去」 ※喫茶去:「よう来られた、まあお茶でもどうぞ」という意味です。

詳細を見る